使い方

mtdfstat

  • 局面の最善手を探すプログラム
  • 問題はCSA形式のファイルで与える

コンパイル

  • osl/releaseの下に移動
    make
  • gpsshogi/binの下に移動
    make mtdfstat RELEASE=yes

実行

  • gpsshogi/binの下に移動
    ./mtdfstat -i 1600 -C -f 1 -s 100 -l 4000 -t 3000 -n 10000000 ファイル名
    オプションの説明 :-i n:反復深化の初期深さ? :-C : 実現確率を使う :-f n:n手進めた局面からスタート(デフォルト 0) :-s n:反復深化のステップ幅(デフォルト 200) :-l n:読み最大深さ, 最大(n/100)手の深さまで読む() :-t n:テーブルサイズ :-n n:最大探索ノード数

探索木の表示

オプション-Dで深さを指定すると mtdfstat.dot というファイルに www.graphviz.org 形式の探索木を出力する.

./mtdfstat -l 1000 -D 700 -P -C -f 1 ../data/ProblemProgress2/01.csa
dot -Tps mtdfstat.dot -o mtdfstat.ps
gv -scale -2 mtdfstat.ps&!   

[ 編集 | 凍結 | 差分 | バックアップ | 添付 | リロード ]   [ 新規 | | ヘルプ ]
https://gps.tanaka.ecc.u-tokyo.ac.jp:443/gpsshogi/index.php?%BB%C8%A4%A4%CA%FD%2Fmtdfstat トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-04-07 (土) 23:26:05 (3820d)