インストール

(バイナリ版をインストールする場合はダウンロードをご覧ください)

開発環境

  • g++ : 開発者は主に g++ 4.7.2を使っています
    • 2014年4月頃にC++11に移行しています
  • boost : 開発者は主に1.49を使っています
    sudo apt-get install g++ libboost-all.dev (debianの場合)

oslのmake

  • ソースコードの入手は 使い方のページを参照
  • トップディレクトリで make を実行します。
  • ディレクトリ毎にmake することもできます
    • core 局面と指し手生成など基本部分 (gpsfishに必要)
    • std 各種棋譜の読み書きやdfpnなど、coreより広い部分
    • full 後方互換のためのコードや試験的なコードなどすべて (gpsshogi, gpsusi, viewerには必要)

oslのテスト

make run-test

または

(cd core/test; make; ./testAll)
(cd std/test; make; ./testAll)
(cd full/test; make; ./testAll)
  • 一部のテストは別配布のデータが必要です
    1. oslとgpsshogiを同じディレクトリで展開して,osl/data が gpsshogi/data を指すようにシンボリックリンクを張って下さい.
      cd osl
      ln -s ../gpsshogi/data
    2. osl/data のデータを osl/public-dataとして展開してください
      http://gps.tanaka.ecc.u-tokyo.ac.jp/cgi-bin/viewvc.cgi/data/?view=tar をダウンロード
      gzip -d < osl-data.tar.gz | tar xvf -
      mv data osl/public-data

サンプルプログラムの実行

cd sample
make

[ 編集 | 凍結 | 差分 | バックアップ | 添付 | リロード ]   [ 新規 | | ヘルプ ]
https://gps.tanaka.ecc.u-tokyo.ac.jp:443/GPSShogi/index.php?osl%2FInstall トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-04-12 (土) 10:09:33 (1262d)