バイナリ版の使い方

バイナリは環境ごとに用意されているので、適切なものをダウンロードしてください。

以下の二つのアプリケーションと、そのためのデータが同梱されています。

  • gpsshogi : コマンドラインの将棋プログラム
  • gpsusi : USIプロトコル用の将棋プログラム

利用準備

インストーラを使った場合 (Windows)

インストーラに、インストール先のディレクトリを指示します。 自動的に必要な環境変数を設定しますので、それ以上の操作は不要です

インストーラを使わなかった場合 (Windows)

ダウンロードした実行ファイル(gpsshogi-bin-....zip)とデータファイル(gpsshogi-data_<日付>.zip等)を適当なディレクトリに展開します。

次に、コントロールパネルから、環境変数を設定します。 OSL_HOME という環境変数の値を展開したディレクトリの場所に設定してください。

Linux

展開して環境変数を設定します。

例:

$ mkdir /usr/local/share/osl
$ export OSL_HOME=/usr/local/share/osl
$ cd $OSL_HOME
$ tar xzvf gpsshogi-data_*.tar.gz 

(環境変数はシェルの設定ファイルに書いておいた方が便利でしょう。これはあくまで例ですので各自の環境にあわせて適切に設定してください。)

gpsusiの使い方

コマンドラインの将棋プログラムで、標準入出力をとおして、USIプロトコルを利用した対戦や検討が可能です。

たとえば、将棋所プチ将棋をお使いの場合に、それらの思考プログラムの一つして利用できます。(免責:リンク先のソフトウェアの安全性や利用目的への適合性を保証するものではありません。各自の責任で判断してください。) その場合、「対局」などのメニューから「エンジン管理...」を選び、gpsusi.exeを登録します。

2009年9月版以降ではほとんどの環境で、gpsusiでの使用メモリの量の設定に対応しています。使用メモリ量が多いほど長考できます。性能を引き出すためには、搭載メモリの9割程度までを目安に増やしてください。25分切れ負けで一局指すと、1コアあたり600MB程度のメモリを消費するようです。また、300MB以下では対局に支障が出るためそれ以下の設定は無視されます。指定された秒数考えない時はハッシュの大きさの指定を増やしてください。

shogidokoro2_QVga.png

gpsusiで設定可能なオプション

  • LimitDepth? 10 読む深さの制限
  • BookDepth? 0 定跡を参照する最大深さ
  • CSAFile (defaultで空) 対局の棋譜を保存するファイル
  • Thread 4 (defaultでそのPCのコア数) 並列度
  • MultiPVWidth 0 最善手以外も手順を表示(0は最善手のみ扱う、数値が大きいほど他の手も考慮するが遅くなる)
  • InputLogFile? usiの入力をファイルに保存する (r2251以降)
  • ErrorLogFile? 標準エラー出力をファイルに保存する (r2256以降)

注意点

  • 2010年初めのあたりでパスの表記は resign から pass になりました (どちらにせよ将棋所プロトコルから逸脱しています)

linux 版gpsusiの場合

Linux上では、Monoを使用してShogidokoro.exeを実行します。 環境によっては将棋所の画像表示がずれるようです。LANG=Cで起動すると改善する場合が報告されています。エンジン登録の際に、*.exeでフィルタされるためダイアログにファイルが表示されません。ディレクトリを開き、"gpsusi"と入力してください。

viewerの使い方

使い方/viewer (今のところlinux版のみ)

gpsshogiの使い方

コマンドラインの将棋プログラムです。コマンドラインから起動する場合は、gpsusiよりも多くのパラメータを制御することができます。CSAファイルを指定して探索させたり、標準入出力を通してCSA形式の対戦をすることができます。詳しくはhelpをご覧ください。

$ ./gpsshogi --help

xshogiにも対応しています。

xshogiを使う場合 (linux)

$ xshogi -fsp ./gpsshogi 

対戦サーバとの接続

通信の制御は同梱されいるPerlスクリプト(./network_x1.pl)で書かれています。起動オプションをまとめたシェルスクリプト(connect-wdoor.sh)があるので、ユーザはそれを起動するとよいでしょう。

対戦サーバへの接続では、アプリケーションを識別するためにID/PWを適当に設定する必要があります。connect-wdoor.sh内のSHOGIUSERとSHOGIPASSを編集してください。

$ ./connect-wdoor.sh

添付ファイル: fileshogidokoro2_QVga.png 7318件 [詳細] fileshogidokoro2.png 1990件 [詳細]

[ 編集 | 凍結 | 差分 | バックアップ | 添付 | リロード ]   [ 新規 | | ヘルプ ]
https://gps.tanaka.ecc.u-tokyo.ac.jp:443/GPSShogi/index.php?%BB%C8%A4%A4%CA%FD%2F%A5%D0%A5%A4%A5%CA%A5%EA%C8%C7 トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-22 (月) 12:53:07 (2826d)