GPS将棋 / GPSShogi

(English)

GPS将棋は、東京大学大学院総合文化研究科の教員・学生が開催しているゲームプログラミングセミナー(Game Programming Seminar = GPS)のメンバーが中心になって開発が行われているソフトウェアです*1。ゲームプログラミングの研究として開発が行われています。コンピュータ同士が競う、世界コンピュータ将棋選手権では2009年,2012年に優勝経験があります。第2回将棋電王戦第五局で三浦八段(当時)と対局しました。あから2010にも、激指、Bonanza、YSSとともに参加しています。

Open Source / Free Softwareとしてソースコード (source code) やデータを公開しています。無保証ですが実行や改変は自由にできるライセンスです。配布の際はライセンスの条件を確認してください。開発者の開発環境はC++ (gcc 4.7), Linuxです。Linux, FreeBSD, MacOSX (32, 64 bit) ではほとんどのソースコードがそのまま利用できると期待されます。Microsoft Windows用のバイナリも配布していますが、それらは現在のところLinux上でクロスコンパイルされたものです。現在のところ、Microsoft Windows上でのコンパイル には多くの修正点が必要と思われます。

GPS将棋のソースコードは、ライブラリとその他の二つの部分から構成されています。ライブラリの部分のライセンスはGPS将棋全体より制限の緩いものになっています。

OpenShogiLib(OSL)部分

  • GPS将棋の中核部分の将棋ライブラリです(OpenShogiLib)。主に研究目的に将棋プログラミングをする方を想定して提供されています。OSLだけでは実際に将棋を指すソフトウェアにはなりませんが、OSLをベースに独自のアプリケーションを構築可能です。
  • OSLのサブセットは、コンピュータ将棋選手権使用可能ライブラリとして認定されていますので、コンピュータ将棋選手権での利用も可能です。
  • BSD風のライセンス(osl/ライセンス)です。

GPSShogi部分

  • OSLを利用した実際の将棋プログラムが含まれています。
  • GNU GPLというライセンスです。

試してみる

関連論文

関連論文

雑多な情報


*1 なお、激指やIS将棋(製品名:東大将棋, 棚瀬将棋)とは開発者が全く別のプロジェクトです。

添付ファイル: filegpsshogi.png 2359件 [詳細]

[ 編集 | 凍結 | 差分 | バックアップ | 添付 | リロード ]   [ 新規 | | ヘルプ ]
http://gps.tanaka.ecc.u-tokyo.ac.jp/gpsshogi/pukiwiki.php?GPSshogi トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-04-23 (水) 22:45:56 (161d)